この連載も12年目に突入しました。こちらは「四谷怪談」の原型作品とも言えるもの。
めったに上演されませんが歌舞伎の知識があればより楽しめるものです。(文・絵/辻和子)